スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪質保護者は許すな!!

給食費未納の悪質な保護者に対して、法的措置を取る自治体が増えてきました。

当然でしょう。

卒業したら給食費の請求ができないので、未納保護者はなんとか逃げ切ろうとしているみた

いです。

ぜったいに許せません。

払えない場合は責めることはできませんが、払えるのに払わないことほど悪質なものはあり

ません。

わたしの家は決して裕福ではありませんでした。

月々の給食費がそれなりに負担だったみたいです。

転校した時に学校からの連絡ミスで3ヶ月ほど給食費を未払いの時期がありました。

それでも母は学校に自ら連絡して未払い分の給食費をキチンと納めました。

ちゃんと給食費を払っている家庭の子供と、未払いの家庭の子供が、同じ給食を食べている

現実は、公平な負担という学校給食制度の趣旨に反します。

納得できないのは、給食費をちゃんと払っている家庭の子供が、それに見合う給食を与えても

らえず、未払いの家庭の子供に無料で給食が与えられている現実です。

もちろん、子供に罪はありません。

悪質な未払い保護者の名前を公表すべきです。

給食費未納に法的措置広がる 「学校給食立ち行かない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080210-00000001-jct-bus_all
スポンサーサイト

コメント


本当にけしからん親が増えて悲しい限りです。
「義務教育」の義務は親が子どもに教育を受けさせることなのですから、義務を果たさなければ罰するべきですよね。

ただ、罪のない子どもが不当ないじめにあったり、食事なし、菓子パンだけとか、そういった状況に陥らないように現場の先生方と弱腰の教育委員会には頑張って欲しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://enjoji.blog108.fc2.com/tb.php/206-4536b3e3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。